LINE×SNS集客で自動集客販売の仕組みとは...

【Webライティング】タイトルは32文字は嘘!反応のある付け方5選!【1分でできる】

タイトル32文字は嘘?!反応のある付け方5選

悩み

「Webライティングでタイトルを書くのが苦手…」
「どうやって反応のあるタイトルを書けば良いの?」


今回はウェブライティングで必要な「タイトルの付け方」にフォーカスします。

タイトルでこんなお悩みをお持ちの方へ。

ここでは、Webライティングのタイトルの書き方について紹介します。

解説ポイント

  • 反応があるタイトルの付け方5選
  • タイトルが早く書ける方法
  • タイトルのテンプレート

こちらの内容を紹介していますので、Webライティングのタイトル付けでお悩みの方にはおすすめです。

目次

SEO対策的にタイトルは32文字って本当?


結論からお伝えすると、よく言われている「タイトルは32文字まで」というルールは嘘です。
全然50文字でもOKです。

32文字というのはあくまで「ユーザーのブラウザで検索結果一覧に表示される文字数」が最大32文字なだけです。

タイトルの最初の32文字にキーワードと読者の目を惹く情報を入れてクリックしてもらえればOKという話です。

  • 最初の32文字:読者に見てもらうためのアピール
  • 32文字以降:利便性重視で自由に使ってOK

かなり有名なSEOインフルエンサーが「タイトルは絶対32文字まで」みたいなこと言ってますが嘘です。笑

Googleさんはそんなこと一度も言ったことないです笑

【Webライティング】反応があるタイトルの付け方5選

ウェブライティングでクリックされるタイトルの付け方はこちら。

反応のあるタイトルの付け方

  • 具体的な数字を入れる
  • タイトルは2つに分ける
  • メインキーワードを左寄せで入れる
  • 読者の悩みを解決できることが分かる
  • 誰が対象か分かる

1つ1つ順を追って解説します。

具体的な数字を入れる

タイトルを入れる時は、具体的な数字を入れましょう。

数字を入れることで注目されやすくなるからです。

例えば、こちらをご覧ください。

「【Re:ゼロ】を全話見たい人におすすめVODを比較!」

「【Re:ゼロ】全話みたい人におすすめVODを5社比較!」

数字を入れた後者の方が、惹きつけられませんか?数字を含めたたった2文字を追加するだけで、読者の注目されやすくなります。

ちなみに、入れる数字は奇数にするとさらに効果的です。

心理学的には人間は奇数の数字が好きなんです。

タイトルは2つに分ける

タイトル付けに慣れてないうちは、タイトルを2つに分けると書きやすいです。

例えば、あなたがWebライティングに関する記事を書いていたとします。

伝える内容が以下の内容だと仮定してください。

  • Webライティングでの書き方5つのコツ
  • Webライティングで早く書く3つのコツ
  • Webライティングを書く時の注意点

この3つの話題を立ち上げるとします。

タイトルを書く時は、まずはじめの見出しを入れるようにしましょう。

すると、タイトル案が、「Webライティングを書く時に5つのコツ」は必ず入ります。

そして、タイトルに入れるのに、最適なのがもう1つの見出し。

もう1つの見出しはできるだけ読者が知りたい内容を含めます。ここでなら「早く書くコツ」です。

試しに2つの見出しをつなげると、

「Webライティングの5つのコツを解説!【早く書く3つの方法も紹介!】」

これで、2つの内容を短く伝えることができるのです。

タイトルが簡単に書けるようになりますので、ぜひ試してみて下さい。

メインキーワードを必ず入れる

タイトルには、必ずメインキーワードを入れましょう。

例えば、狙っているキーワードが「副業 おすすめ サラリーマン」だとします。

タイトルには、すべてのキーワードを入れましょう。

悩み

「どうしてタイトルをキーワードに入れるの?」

こう疑問に思う人もいるでしょう。

理由は1つだけです。Googleに評価されるから。

Googleは読者が検索しやすい記事を好みます。

タイトルに、キーワードが入っていると、読者さんが検索をしやすいですよね。

タイトルを書く時は、キーワードを必ず入れましょう。


初心者はキーワードを軽視しがちです。
でも、検索するときのことを考えてみてください。
僕たちは情報を探す時、キーワードでしか情報を探せないですよね。
つまり、キーワードが入ってないあなたの記事を探すことはできないんです。

読者の悩みが解決されることが分かる

タイトルには、読者の悩みが解決できそうな内容を書きましょう。例えば、おすすめのノートを知りたい人がいるとします。

キーワードで検索するなら、「おすすめ ノート」と検索をしますよね。検索した人が以下の2つのタイトルを見たらどちらを検索すると思いますか?

「ノートはおすすめできない3つの理由とは?」

「【使いやすさに特化】おすすめノート5選!」

「おすすめ ノート」と検索する人は、おすすめのノートが知りたいと思っていますよね。

そんな悩みを持った読者に刺さるタイトルは、どちらだと思いますか?ほとんどが後者ですよね。

読者の悩みを解決できるタイトルを書くようにしましょう。

誰が対象か分かる

タイトルには、誰かが対象かが分かると良い見てもらいやすくなります。

すぐに使えるのが、こちら。

  • 初心者向け
  • 中級編
  • 上級者向け
  • はじめての方へ

この4つの使うだけでもかなり記事を読んでもらいやすくなります。ぜひタイトルを付ける時に参考にしてくださいね。

これまで、Webライティングでタイトルの付け方について解説いました。

ここからは、Webライティングでクリックが上がるタイトルテンプレートを5つ紹介します。

Webライティングでクリック数が上がるタイトルテンプレート5選

Webライティングでクリック数が上がるタイトルテンプレートを紹介します。

タイトルテンプレート
  • 〇〇の方法
  • おすすめ〇〇選
  • 〇〇向け
  • 〇〇の経験者が語る
  • 【画像で解説】


1つだけ使っても良いですし、いくつか組み合わせも良いです。

ぜひ今回紹介したら明日のタイトル付けから使ってみて下さい。

クリックされるタイトル①|〇〇の方法

「〇〇の方法」は、使いやすいテンプレートの1つです。タイトルにも見出しにも使うことができます。

使い方の例は、こちら。

「Webライティングのタイトルを1分で書く方法を解説!」

「アニメにおすすめのVODを見つける方法を紹介!」

「副業初心者でも明日から1万円が稼げる方法を解説!」

「〇〇の方法」は万能に使うことができますので、タイトル付けに迷ったら使ってみて下さいね。

クリックされるタイトル②|おすすめ〇〇選

「おすすめ〇〇選」は、サービスを比較する時に使えるタイトルです。

例えば、こちら。

「もとTUTAYA店員がおすすめするVOD5選!」

「ノマドワーカー向け!おすすめノートPC5選!」

「稼ぎたいならこれ!オススメサロン7選!」

サービスを惹かうする時に、「おすすめ〇〇選」は必須とも言えるくらい使えるテンプレートです。

クリックされるタイトル③|〇〇向け

「〇〇向け」は、より対象者を絞る時に使えるテンプレートです。

「対象者を絞っても良いの?」

こう疑問に思うかもしれません。実は、対象者を絞ることでより見てもらいやすくなります。

誰を対象にしたかが分からないタイトルは、誰も見ません。対象者を絞ることで、見てもらう人は限定されますが、対象とする方が見る可能性はとても上がります。

クリックされるタイトル④|〇〇の経験者が語る

「〇〇の経験者が語る・・・」は、権威性を示す時に使えます。権威性とは、記事を書く人の信頼性のことを表します。

例えば、経済の記事を見たとします。

経済の記事を書いている人が、「経済学の教授」と「高校の先生」だとしたら、どちらが信頼性が高いですか?

「経済学の教授」ですよね。権威性を示すと、記事の信頼性を高めることができますので、ぜひ使ってみて下さい。

クリックされるタイトル⑤|【画像で解説】

「【画像で解説】…」は、何かのサービスを利用する時に、書いておくとクリックされやすいタイトルのテンプレートです。

例えば、ネットサービスの入会方法や退会方法などです。

文字だけでは、とても分かりづらいと分かる内容は、画像で説明するととても分かりやすくなります。

さらに、タイトルに画像で開設することを伝えると、よりクリックしてもらいやすくなりますので、ぜひ試してください。

まとめ

これまで、Webライティングに使える反応があるタイトルの付け方を紹介しました。

反応のあるタイトルの付け方

  • 具体的な数字を入れる
  • タイトルは2つに分ける
  • メインキーワードを入れる
  • 読者の悩みを解決できることが分かる
  • 誰が対象か分かる


さらに、効果的なタイトルテンプレートも紹介しました。
タイトルテンプレート

  • 〇〇の方法
  • おすすめ〇〇選
  • 〇〇向け
  • 〇〇の経験者が語る
  • 【画像で解説】


ぜひ今回紹介した内容を参考に、明日からタイトル付けをしてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次